食習慣でアンチエイジング

伍行療術院から健康情報をお送りします。

若さを保つには、食事の内容も大事ですが、食習慣も大事です。

栄養バランスのよい食事を、規則正しく摂り、食事をゆっくりと時間をかけて、順番を考えて食べるこちです。

寝る前の2時間ぐらいは食べることを控えます。

噛む回数の目標として、一口に付き、最低30回噛むことを勧めます。

噛むことによって、唾液の分泌が盛んになり、より細かく噛み砕かれたものが、唾液と混ざり合うことによって、食べたものの消化が数段早くなります。

良く噛むと食べる時間がかかるので、その間に血糖値が上昇して、早く満腹中枢が満たされます。

更に、食べ始めて20~30分後から、レプチンと言うホルモンが全身の脂肪細胞から分泌されます。

レプチンはお腹が一杯になった事を脳に伝える大事なホルモンですが、これが脳に伝わると、脳の視床下部にある満腹中枢を刺激し、食べるのを止めて、エネルギー消費のプロセスに移るように指令を出すのです。

ゆっくり噛んで食べると、このレプチンの分泌が促され、全身の基礎代謝も上昇します。

またよく噛むことにより脳下垂体から食欲を抑制する、ヒスタミンの分泌が増加し、総カロリーの摂取量もおさえられます。

唾液中にあるベルオキシターゼという酵素が、食べ物の中に含まれる、発がん物質の毒性を低下させると言われています。

更に、よく噛むことで、食後2時間後に十二指腸からコレスシトキニンという物質が分泌され、記憶や学習にかかわる海馬に働きかけ脳の活性化になります。

コレシストキニンは脳内のドーパミン作用を抑える働きがあり、不安を減少させ精神を安定させます。

噛むと言う運動自体が脳に刺激をあたへ、セロトニンという神経伝達物質の分泌が増加します。

セロトニンは気持ちをリラックスさせ、ストレスを解消させる効果があります。

精神面でもとても良い傾向をもたらします。

www.gogyou-seminar.com/

PAGE TOP