眼の周りのマッサージで快適な日を

品川区目黒の整体・気功・催眠の伍行療術院から健康情報をお送りします。

伍行療術院がお勧めする眼のマッサージ仕方をお送りします。

①まず、両手の人差し指の横腹(親指側)を30回ほどこすり合わせて、指を温かくして気の通りを良くします。

②次に、両目を軽く閉じます。

③両手の親指の腹を左右のこめかみにある「太陽穴」にあて、親指以外の四本の指でこぶしを作り、人差し指の第二関節の内側で目頭の先端にある「晴明穴」、眼の縁の上側、下おのは側を時計回り方向と、その反対回り方向に、それぞれ15回ずつ回しながらこすります。

④指を離して、目を閉じたままで両眼を左へ5〜10回回し、2~3秒休み、また、逆方向の右方向に5~10回回します。

⑤終ったら、いきなり眼を開かずに、静かに、ゆっくりと開きます。
眼が少しかすみますが、すぐにスッキリします。

また、朝目覚めた時に、起きたての最初のツバを利用して、指に着けて、眼の周りをマサツすると、なお一層効果があります。

それは、唾には、酵素15種類、ビタミン8種類、ホルモン2種類が含まれているからです。

眼の摩擦の方法を紹介しました、毎日することで、眼の改善とともに、身体の健康にも役立ちます。

飽きずにやってください。

PAGE TOP