足のむくみをとるために、ふくらはぎの筋肉の動きに気をつけて歩いてみましょう。

伍行療術院から健康情報をお送りします。

長時間立ちっぱなしの仕事をしている人は、脚にむくみを感じる事がありますが、筋肉が固定され動きを失った状態が長く続きますので、その結果血液が、重力の影響をうけ足の方に溜まりやすくなっているためです。

それを解消する方法としては、ふくらはぎの筋肉の働きを活用して静脈を上に押し上げることで、血行促進が高まり、むくみが解消されていきます。

その一連の動きが、心臓の働きと似ていることから、足は「第二の心臓」と呼ばれてます。

静脈の流れをスムーズにするにし、足のむくみを解消するためにも、ふくらはぎの筋肉を適度に動かす必要があります。

ウオーキングや自分の家の周りを10分程度、ふくらはぎを意識して歩くだけでも良いでしょう。

椅子に座った状態では、足首の関節を伸ばしたり、逆につま先を反らしたり繰り返しましょう。
伸ばす動作10秒、、反らす動作10秒を1回として2セット行います。

そのほか、踵を床に着けた状態で、足首を内側に10秒、外側方向に10秒を1回として、左右2セット行います。

ふくらはぎの筋肉を動かす以外にも、締め付ける靴はできるだけ避けるように気を付けましょう。

これでむくみとはさよならできるでしょう。

PAGE TOP